平成30年度「生命倫理学」シラバス

 1 授業概要(教育目標・指導方法)

 本講義では医学科との合同で現代医療をめぐる生命倫理(医療倫理・臨床倫理)が問題となる具体的な事例を取上げて、ドキュメンタリービデオを視聴したり医学科の受講生とグループディスカッションを通し、倫理問題に気づく感受性を涵養します。諸外国の状況などグローバルな視点から多角的に生命倫理の問題を捉え、多様な価値観を有する個々の患者さんやご家族等の関係者などの当事者の目線から、今後の日本医療を担う皆さんが主体的に考え、その洞察を医療実践に活用できる柔軟な態度を養成することを目的とします。

 

 2 授業内容

① 生命倫理学と医療倫理の4原則と自己決定制約の4原理:生命倫理と医療倫理と臨床倫理

② 癌や不治の病の告知:インフォームド・コンセントとパターナリズム

③ 遺伝子検査と遺伝学的情報の開示:「知る権利」と「知らないでいる権利」

④ 遺伝学的情報のプライバシーと遺伝子差別:遺伝子格差と社会的不平等

⑤ 着床前診断と胚選別、出生前診断と選択的堕胎、デザイナーベビー:優生思想(出生の生命倫理①)

⑥ 精子・卵子売買や代理出産をめぐる問題:子の福祉と「出自を知る権利」(出生の生命倫理②)

⑦ 重度障害新生児の治療停止、宗教上の理由による輸血拒否とパターナリズム(終末期医療①)

⑧ 人工生命維持装置の停止や治療中止、胃ろう:消極的安楽死と尊厳ある死を選ぶ権利(終末期医療②)

⑨ 医療従事者による自殺幇助と積極的安楽死:尊厳ある死を選ぶ権利(終末期医療③)

⑩ 臓器移植と臓器売買:医療ツーリズムと闇市場

⑪ 医療過誤と医療従事者の法的責任

⑫ 医学研究の不正と利益相反、倫理審査委員会の役割

⑬ 混合診療と健康保険制度:医療へのアクセスの不平等と格差

⑭ 赤ちゃんポストと全体のまとめ(総括)

⑮ 筆記試験もしくは持ち帰り式レポート試験

 

3 教科書:村松・松島・盛永(編)『教養としての生命倫理』(丸善出版2016年)

4 参考書:講義において適宜指示する。また参考資料として、新聞記事などを配布する。

5 評価方法・成績評価基準:平常点28%、筆記試験もしくは持ち帰り式レポート試験72%。

6 助産学履修希望者は必修である。

7 開始時刻30分以上遅刻の場合や終了時刻30分以前の退出は出席と見なされない。遅刻の合計が60分を超える場合には、欠席1回としてカウントする。113講までは、医学科との合同授業となる。

瀬戸山代表写真

高い人権意識を有した医療従事者と研究倫理規範を備えた医学研究者の育成を目指して

瀬戸山 晃一

Recent Topics

平成30年度 出張一覧

平成30年4月18日(水) 第1回臨床研究審査委員会 大阪大学医学部附属病院未来医療開発部 平成30年7月2日(月)~ 7月3日(火) 第57回医学系大学倫理委員会連絡会議 仙台勝山館

詳しく

平成30年度 講演・発表の実績

招待講演 2018年度第2回ヒトゲノム研究倫理を考える会-遺伝情報に基づく差別について考える-(2018/8/24@大阪大学(吹田キャンパス)) 講演題目「遺伝子差別禁止法の意義と争点」 学会・研究会発表 論文・その他の ・・・

詳しく

平成30年度「倫理学」シラバス

Ⅰ 教育の目的と方針 医学科生対象の選択必修科目ということもあり、生命倫理学(医療倫理学、臨床倫理学)を中心に、具体的な現代医療をめぐる問題を題材に講義を行う。 そもそも倫理学とは一体どのような学問分野であり、医歯薬学や ・・・

詳しく

平成30年度「現代正義論」シラバス

Ⅰ 教育の目的と方針 この講義で考察する正義とは、Justice, Fairness(公正)の意味であり、正義論とは、自由と平等・不平等(格差)や差別をめぐる議論と論争のことである。現代社会では以前にも増して多様な価値観 ・・・

詳しく

平成30年度「医療倫理学」シラバス

Ⅰ 教育の目的と方針 諸君は、医師として将来、臨床の現場で様々な多くの倫理的な諸問題に直面することが不可避である。包括的な地域ケアシステムの推進や多職種でのカンファレンスが欠かせない現在の医療現場において、「臨床倫理」は ・・・

詳しく