過去のパターナリズム研究会(1991年度~2000年度)

1991(平成3)年度

第55回(1991(平成3)年度 第1回)
1991年5月31日(金)午後1時30分〜午後5時 國學院大學本館第2会議室
報告1 文献紹介:内田貴『契約の再生』(弘文堂、1990年) 難波譲治
報告2 文献紹介:T. Eckoff, Punishment 服部高宏
第56回(1991(平成3)年度 第2回)
1991年6月21日(金) 國學院大學本館第2会議室
報告1 「骨髄バンク」の進捗状況とその問題点 平林勝政
報告2 文献紹介:馬場健一『社会の自律領域と法—学校教育と法の関わりを素材に–(1)(2・完)』(法学論叢127巻5号・128巻3号、1990年) 中野正剛
第57回(1991(平成3)年度 第3回)
1991年7月25日(木)〜26日(金) 横浜海員会館(エスカル横浜)
テーマ いじめ訴訟
報告 いじめ訴訟の諸問題 澤登俊雄
コメンテーター 難波譲治・世取山洋介
第58回(1991(平成3)年度 第4回)
1991年10月25日(金)午前11時〜午後3時 國學院大學本館会議室
報告1 文献紹介:竹中勲『生命に対する権利と憲法上の自己決定権』 花岡明正
報告2 文献紹介:山内友三郎『相手の立場に立つ—ヘアの道徳哲学—』 服部高宏
第59回(1991(平成3)年度 第5回)
1991年11月11日(月)午前11時〜午後12時30分 國學院大學常磐松2号館第2会議室
報告 ハイエクの自由主義擁護論の限界 David Askew
第60回(1991(平成3)年度 第6回)
國學院大學本館第2会議室
報告 文献紹介:山岸俊男『法と感情—社会心理学的視点』 中野正剛
第61回(1991(平成3)年度 第7回)
1992年3月22日(日)午後1時〜午後9時 池袋ホテルテアトル会議室
テーマ 脳死臨調最終答申をめぐって
報告1 脳死臨調最終答申について 新倉修
報告2 紹介:梅原猛編『「脳死」と臓器移植』 平林勝政
報告3 脳死は人の死か?—脳死臨調の少数意見の検討— 栗田義彦
報告4 「社会的合意」の憲法論—「脳死」をめぐる「社会的合意」の有無を誰が、どうやって決めるべきか— 梅村勝慶
報告5 脳死・臓器移植と神道の立場 安蘇谷正彦

1992(平成4)年度

第62回(1992(平成4)年度 第1回)
1992年4月24日(金)午前11時〜午後1時 國學院大學本館第2会議室
報告 有害図書規制をめぐって 佐々木光明
第63回(1992(平成4)年度 第2回)
1992年5月28日(金)午前10時〜午後12時 國學院大學本館第2会議室
報告 文献紹介:David Roberts, Paternalism in Early Victorian England (Rutigers University Press, 1979) 武藤郁人
第64回(1992(平成4)年度 第3回)
1992年6月19日(金)午後2時〜午後4時 國學院大學本館第2会議室
報告 犯罪被害者と刑事訴追—ドイツ私訴手続を素材として— 上田信太郎
第65回(1992(平成4)年度 第4回)
1992年7月26日(日)午後1時〜午後7時 品川プリンスホテル会議室
テーマ 暴力団対策法をめぐって
報告者 枝根茂・福田雅章
第66回(1992(平成4)年度 第5回)
1992年10月30日(金)午後1時〜午後3時 國學院大學渋谷校舎本館第2会議室
報告 少年に対する死刑 山口直也
第67回(1992(平成4)年度 第6回)
1992年11月27日(金)午後2時〜午後4時 國學院大學渋谷校舎本館第2会議室
報告 現代日本の社会構造と女性犯罪 岡田久美子
第68回(1992(平成4)年度 第7回)
1992年12月21日(月)午後3時〜午後5時 國學院大學本館第2会議室
報告 セクシャル・ハラスメントについて—フランスの場合を中心に— 上野芳久
第69回(1992(平成4)年度 第8回)
1993年2月23日(火)午後1時〜午後3時 國學院大學法学部共同研究室
報告 1986年英国児童法について 許末恵
第70回(1992(平成4)年度 第9回)
1993年3月24日(水)午後2時〜午後5時30分 國學院大學本館第2会議室
報告 自殺関与罪について 秋葉悦子
意見交換 「総合講座」計画について

1993(平成5年)年度

第71回(1993(平成5)年度 第1回)
1993年4月16日(金)午後2時〜午後5時 國學院大學法学部共同研究室
報告 精神障害者に対する医療拒否について—宮崎県における人工透析拒否事件の報告— 高橋涼子
意見交換 「総合講座」計画について
第72回(1993(平成5)年度 第2回)
1993年5月15日(土)午後2時〜午後4時 國學院大學本館第2会議室
報告 わが国におけるインフォームドコンセントについての法状況—裁判例の分析を通して— 平林勝政
第73回(1993(平成5)年度 第3回)
1993年7月19日(月)午後2時〜午後4時 國學院大學本館第2会議室
議論 平成6年度法学部総合講座「法とパターナリズム」について
話題提供者 服部高宏
第74回(1993(平成5)年度 第4回)
1993年9月7日(火)〜8日(水) 大佛次郎記念館新館1階会議室
報告1 医療におけるパターナリズム 平林勝政
報告2 規制行政におけるパターナリズム 枝根茂
報告3 家族法とパターナリズム—家族と法— 許末恵
報告4 刑事法におけるパターナリズム 澤登俊雄
報告5 リベラリズムや共同体主義との関係におけるパターナリズム 服部高宏
報告6 近・現代フランス政治権力の新たな展開—ピエール・ロザンヴァロン著『フランスの政府権力』を中心に— 横山謙一
報告7 日本の医療とパターナリズム 高橋涼子
報告8 表現の自由とパターナリズム 植村勝慶
報告9 労使関係への国家介入とパターナリズム 武井寛
平成6年度法学部総合講座「現代国家とパターナリズム」のための準備
第75回(1993(平成5)年度 第5回)
1993年12月13日(月)午後3時30分〜午後5時30分 國學院大學本館第2会議室
検討事項 平成6年度法学部総合講座「現代国家とパターナリズム」について 武藤郁人
第76回(1993(平成5)年度 第6回)
1994年1月28日(金)午後2時30分〜午後4時30分 國學院大學常磐松3号館共同研究室
報告 interventionとパターナリズム 古城桂子
第77回(1993(平成5)年度 第7回)
1994年3月18日(金)午後2時〜午後5時30分 國學院大學常磐松2号館第2会議室
報告1 パターナリズムの特質—A・E・ブキャナンのメディカル・パターナリズムを手掛かりに— 瀬戸山晃一
報告2 パターナリズムの種類 花岡明正

1994(平成6)年度

第78回(1994(平成6)年度秋季合宿)
1994年9月5日(月)〜6日(火) ペンション真鶴
テーマ 「総合講座:現代社会とパターナリズム」、前期の反省と今後の展望
報告1 前期「講座」の総括と反省点について 平林勝政
報告2 後期「講座」の方向性と展望について 澤登俊雄
報告3 わたくしが講義した「総合講座」の問題意識と反省点について 花岡明正・福田雅章・武藤郁人
報告4 後期に講義予定の「総合講座」の内容と問題意識について 横山謙一・枝根茂
第79回(1994(平成6)年度春季研究会)
1995年3月8日(水) 國學院大學院友会館小会議室
1995年3月9日(木) 國學院大學渋谷キャンパス本館第2会議室
報告1 1994年度「総合講座:パターナリズム」の総括と反省点について 澤登俊雄
報告2 1995年度「総合講座:パターナリズム」の方向性と展望について 古城誠
報告3 現代法におけるパターナリズムの意義と位置づけ 花岡明正・横山謙一

1995(平成7)年度

第80回(1995(平成7)年度春季研究会)
1995年5月31日(水)午後2時〜午後5時 國學院大學本館第2会議室
報告 近代と監視—ウェーバー、フーコー、ギデンズからパターナリズムを考える— 畠山弘文
第81回(1995(平成7)年度春季合宿)
1996年3月25日(月)〜26日(火) ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル
報告1 少年法とパターナリズム:最近の動向 澤登俊雄
報告2 1995年度「総合講座:パターナリズム」を集約し、著書にまとめる構想について 澤登俊雄
報告3 最近の英米におけるパターナリズム概念の理論的動向 花岡明正
報告4 在宅医療の現場から 内田健夫
報告5 1995年度「総合講座:パターナリズム」の総括と反省点について 横山謙一

1996(平成8)年度

第82回(1996(平成8)年度秋季研究会)
1996年9月13日(金) 國學院大學院友会館
報告1 生徒の人権から考える憲法とパターナリズム 田中暁
報告2 アメリカ合衆国における妊娠中絶の権利とフェミニスト法学 小竹聡
報告3 紹介:John Kultgen, Autonomy and Intervention: Parentalism in the Caring Life (1995) Oxford U.P. 瀬戸山晃一
第83回(1996(平成8)年度春季合宿)
1997年3月31日(月)午後1時〜4月1日(火)午前11時 山家荘
報告1 ジョン・ミラーにおける人類学的国家起源論の形成 永山了平
報告2 紹介:John Kultgen, AUTONOMY and INTERVENTION: Parentalism in the Caring Life (1995) Oxford U.P. (つづき) 瀬戸山晃一
報告3 当事者運動とアドボカシー制度 高橋涼子
報告4 遺伝情報をめぐる自己決定とパターナリズム 斎藤有紀子

1997(平成9)年度

第84回(1997(平成9)年度 第1回)
1997年7月12日(土)午後3時〜午後6時 國學院大學本館第2会議室
報告1 パターナリズム・自立生活・アドボカシー 秋元美世
報告2 「基本的人権」とパターナリズム 花岡明正
第85回(1997(平成9)年度 第2回)
1997年9月8日(月)午後2時〜午後6時 國學院大學本館第2会議室
書評 澤登俊雄編者『現代社会とパターナリズム』
第1章 パターナリズムとはなにか 中條晋一郎
第2章 性表現が規制される理由 河野功一
第3章 子ども・家族・パターナリズム 鈴木一義
第4章 犯罪・飛行対策とパターナリズム 崔鐘植
第6章 パターナリズムの正当化基準 中野正剛
第86回(1997(平成9)年度 第3回)
1997年12月20日(土)午後3時〜午後6時 國學院大學本館第2会議室
報告1 現代法におけるパターナリズム概念の変遷と法理論的含意 瀬戸山晃一
報告2 社会復帰理論の理論的根拠と実務への適用 澤登俊雄
第87回(1997(平成9)年度春季合宿)
1998年3月30日午後2時〜31日午前10時 眺望山荘
報告1 男女平等の動向・男女平等とパターナリズム 植野妙実子
報告2 看護は専門職として患者の権利擁護を担うことができるか—H・クーゼの看護論を手がかりとして— 石本傳江
報告3 法と生命倫理—最近のドイツの話題を中心に— 服部高宏
報告4 今年度(1997年度)のパターナリズム研究会の議論から 花岡明正

1998(平成10)年度

第88回(1998(平成10)年度 第1回)
1998年8月31日(月)午後4時〜午後6時 國學院大學本館第18演習室
報告 子どもの自己決定権と保護 花岡明正
第89回(1998(平成10)年度 第2回)
1998年12月22日(火)午後3時 國學院大學たまプラーザキャンパス第5会議室
報告 乳房温存療法の選択に関する裁判例の紹介を通して、患者の自己決定権と医師の説明義務を考える 平林勝政
第90回(1998(平成10)年度春季合宿)
1999年3月29日(月)午後2時〜30日(火)午後12時 ホテルモリノ新百合ヶ丘
報告1 最近の少年法改正作業の特徴と保護主義の将来について 澤登俊雄
報告2 児童買春・ポルノ禁止法案の検討 上野芳久
報告3 出生前検査とパターナリズム:判例と厚生省専門委員会見解案から 斎藤有紀子
報告4 紹介:Lawrence Mead編者『The New Paternalism』より第1章「The Rise of Paternalism」 横山謙一

1999(平成11)年度

第91回(1999(平成11)年度春季合宿)
2000年3月26日(日)午後1時30分〜27日(月)午後12時 ホテルモリノ新百合ヶ丘
報告1 最近の判例から見るアメリカの学校問題 田中暁
報告2 最近の修復的司法論について 澤登俊雄
報告3 人間形成の《現代》的ディレンマ:動員史観的解釈……グローバル化は近代の否定か、それとも究極の近代か 畠山弘文
報告4 韓国の少年司法体系とパターナリズム 崔鐘植
報告5 ジョン・ミラーと啓蒙の女性論 永山了平

2000(平成12)年度

第92回(2000(平成12)年度秋季研究会)
2000年9月11日(月)午後3時〜午後6時 國學院大學渋谷キャンパス本館第2会議室
報告1 児童虐待の状況2000年 上野芳久
報告2 Southern paternalism and the American Welfare State, Economics, Politics, and Institutions in the South 1865-1965 Lee J. Alston & Joseph P. Ferrie. Cambridge UP 1999の書評 横山謙一