平成29年度 講演・発表の実績

招待講演

  • 京都府立医科大学神経内科同門会(H29/6/17@青蓮会館)
    講演題目「個人情報のプライバシーと遺伝性疾患の問題点について」
  • 三重県耳鼻咽喉科医会第1回講演会(H29/7/20@津地区医師会館)
    講演題目「医学の発展がもたらす法的社会的倫理的問題~遺伝情報と遺伝子差別問題を中心に~」
  • 病院・医学部倫理審査委員会 非医学系委員意見交換会(H29/8/29@明治大学駿河台キャンパス)
    講演題目「2013-2016年度科研費補助金成果報告書『各種倫理委員会における非医学系委員の役割の実態調査と考察』(基盤研究(C) 課題番号:25500004)に基づきIRBでの非医学系委員の活動内容」
  • 横浜市立みなと赤十字病院臨床研究セミナー(H29/8/30@横浜市立みなと赤十字病院)
    講演題目「医療倫理と研究倫理における患者や被験者の同意とパターナリズム」
  • 市民公開シンポジウム ゲノム社会の現在、そして未来(H29/10/9@グランフロント大阪北館タワーB・10階)
    講演題目「遺伝情報に基づく差別とは何か?-遺伝子格差社会が到来するのか?-」
  • ヒトES細胞倫理研修会(H29/10/31@京都大学ウイルス・再生医科学研究所)
    講演題目「研究倫理における被験者保護と生命倫理におけるパターナリズム」
  • 名古屋大学医学部附属病院 先端医療・臨床研究支援センター 倫理審査委員会・治験審査委員会 委員養成研修(H29/12/3@名古屋大学医学部附属病院)
    講演題目「一般委員に期待されていること」

学会・研究会発表

  • 2017年度日本法哲学会ワークショップ『生命医科学の発展がもたらす倫理的法的社会的問題の学際的考察』<開催責任者>
    (H29/11/18@大阪大学豊中キャンパス)
    講演題目「遺伝子差別と平等」
  • 第29回日本生命倫理学会年次大会(H29/12/16-17@宮崎シーガイアコンベンションセンター)
    口頭発表「研究倫理の教育効果と評価尺度についての考察」
    ポスター発表「効果的な研究倫理教育履修管理ツールの開発研究」

論文・その他の業績

  • 「医療と医学研究におけるパターナリズム-医療情報の開示と被験者同意に関するパターナリズムの視角からの考察-」『民事法学の基礎的課題 植木哲先生古稀記念論文集』,
    pp. 413-431(H29/10)

取材対応

  • 京都新聞(朝刊) 探究人(H29/8/26)
    「倫理意識高い医療人育成 教育の質向上目指す」
瀬戸山代表写真

高い人権意識を有した医療従事者と研究倫理規範を備えた医学研究者の育成を目指して

瀬戸山 晃一

Recent Topics

平成30年度 出張一覧

平成30年4月18日(水) 第1回臨床研究審査委員会 大阪大学医学部附属病院未来医療開発部 平成30年7月2日(月)~ 7月3日(火) 第57回医学系大学倫理委員会連絡会議 仙台勝山館

詳しく

平成30年度 講演・発表の実績

招待講演 2018年度第2回ヒトゲノム研究倫理を考える会-遺伝情報に基づく差別について考える-(2018/8/24@大阪大学(吹田キャンパス)) 講演題目「遺伝子差別禁止法の意義と争点」 学会・研究会発表 論文・その他の ・・・

詳しく

平成30年度「倫理学」シラバス

Ⅰ 教育の目的と方針 医学科生対象の選択必修科目ということもあり、生命倫理学(医療倫理学、臨床倫理学)を中心に、具体的な現代医療をめぐる問題を題材に講義を行う。 そもそも倫理学とは一体どのような学問分野であり、医歯薬学や ・・・

詳しく

平成30年度「現代正義論」シラバス

Ⅰ 教育の目的と方針 この講義で考察する正義とは、Justice, Fairness(公正)の意味であり、正義論とは、自由と平等・不平等(格差)や差別をめぐる議論と論争のことである。現代社会では以前にも増して多様な価値観 ・・・

詳しく

平成30年度「医療倫理学」シラバス

Ⅰ 教育の目的と方針 諸君は、医師として将来、臨床の現場で様々な多くの倫理的な諸問題に直面することが不可避である。包括的な地域ケアシステムの推進や多職種でのカンファレンスが欠かせない現在の医療現場において、「臨床倫理」は ・・・

詳しく